MENU

余計な費用ばかりの下取査定

 

本当は買取をしたい女性

 

買取専門店から自宅へ出張や見積をもらったりしても無料です。

 

そのため、提示額に納得できなければ無理にカローラを売る必要はありません。

 

しかし、ディーラーの場合は下取車手続代行費用や査定料、合計で2万円の費用を当然のように請求されます。

 

まず、代行費用はディーラーへの名義変更をするためのもので、5000円〜12000円ほどかかります
(※所有権があなたのものでないときに請求される)

 

くわえて、査定料金が5000円〜8000円ほどかかるわけです・・・・

 

まあ、自動車販売会社ですから、よく考えれば下取りとかサービスの一貫のため、お金を取るのが普通という考えもあるようですね。

 

「安くできない?」

 

と交渉することは可能ですが、ボーナス時や繁忙期などに交渉をすると値引きをしてくれるかも? しれません。

 

 

ですが、下取りは激安で愛車を取られてしまうわけですから、試乗して、値引きを交渉するときは「車体価格だけでいくら探りますか?」と車体のみを話題に上げ、愛車の売却は別途買取専門店にお願いしたほうが
より高く売れます。

 

「そんなことすれば、ディーラーに悪いな・・・・」

 

と気が引ける人もいると思われますが、彼らは自動車販売さえできれば、ニコニコ顔で迎えてくれますから安心してください。

 

 

 

 

 

 

 

>>カローラ買取【※極限まで高く売るための方法とは?】へ戻る